2017年度事業報告

自 2017年4月1日  至 2018年3月31日
  

(1) 業務の状況
一般事業
1. 調査・研究・広報活動(事業委員会担当)
① レセプション
(1) アフリカ協会主催、JICA後援によるレセプションを開催
(2018年3月29日 於 JICA地球ひろば内国際会議場)。
参加者は在京アフリカ大使、在アフリカ日本国大使、関係省庁、JICA関係者、
協会関係者等186名。
② フォーラム
(1) 第7回フォーラム(2017年6月5日 於 国際文化会館)
「地域シリーズ 第3回: 南部アフリカ-域内流通と産業振興―」
(モデレーター:アフリカ協会理事、早稲田大学国際学術院教授 片岡貞治氏
パネラー:アフリカ開発銀行アジア代表事務所次席 遠藤 衛氏
豊田通商(株)アフリカ本部アフリカ事業開発部部長 鈴木健司氏
JETRO海外調査部中東アフリカ課 高﨑早和香氏)
(2) 第8回フォーラム(2018年2月20日 於 国際文化会館)
「アフリカ開発における中国の動向と日本」
(モデレーター:アフリカ協会特別研究員、日本大学名誉教授 青木一能氏
パネラー:アフリカ開発銀行アジア代表事務所所長 横山 正氏
ヤマハ発動機(株)海外市場開拓事業部アフリカ開拓部長 福田武彦氏)
③ 交流会
(1) 会員相互間および諸官庁関係者との交流を図る場として、夏季交流会(7月)を外務精励会・虎ノ門倶楽部にて開催、又年末交流会(12月)を移転した外務精励会・大手町倶楽部にて開催。
④ 大使を囲む懇談会
(1) 第1回大使を囲む懇談会(2017年4月12日 於 国際文化会館)
駐マリ黒木大輔大使
(2) 第2回大使を囲む懇談会(2017年4月25日 於 国際文化会館)
駐マダガスカル小笠原一郎大使
(3) 第3回大使を囲む懇談会(2017年5月19日 於 国際文化会館)
駐ナイジェリア草桶佐信大使
(4) 第4回大使を囲む懇談会(2017年5月25日 於 国際文化会館)
駐ボツワナ尾西雅博大使
(5) 第5回大使を囲む懇談会(2017年5月31日 於 国際文化会館)
駐スーダン伊藤秀樹大使
(6) 第6回大使を囲む懇談会(2017年6月13日 於 国際文化会館)
駐アンゴラ澤田洋典大使
(7) 第7回大使を囲む懇談会(2017年6月15日 於 国際文化会館)
駐ザンビア側嶋秀展大使
(8) 第8回大使を囲む懇談会(2017年6月28日 於 国際文化会館)
駐マラウィ栁沢香枝大使
(9) 第9回大使を囲む懇談会(2017年7月20日 於 国際文化会館)
駐カメルーン岡村邦夫大使
(10) 第10回大使を囲む懇談会(2017年10月25日 於 国際文化会館)
駐モーリタニア清水久継大使
(11) 第11回大使を囲む懇談会(2017年11月1日 於 国際文化会館)
駐コートジボワール川村裕大使
(12) 第12回大使を囲む懇談会(2017年11月24日 於 国際文化会館)
駐南アフリカ廣木重之大使
(13) 第13回大使を囲む懇談会(2018年1月26日 於 国際文化会館)
駐ウガンダ亀田和明大使
(14) 第14回大使を囲む懇談会(2018年2月2日 於 国際文化会館)
駐ベナン小西淳文大使
⑤ JICA・JETRO所長を囲む懇談会
(1) 第1回JICA所長を囲む懇談会(2017年8月1日 於 国際文化会館)
前駐ガーナ牧野耕司所長
⑥ 在京アフリカ大使との懇談会
(1) 第2回チャム駐日エチオピア大使との懇談会
(2017年5月16日 於 国際文化会館)
(2) 第3回アロティ駐日ガーナ大使との懇談会
(2017年10月13日 於 国際文化会館)
⑦ アフリカサロン
アフリカに関する諸問題を自由に語れる場としてアフリカサロンを開催。
(1) 第1回アフリカサロン(2017年10月20日 於 外務精励会大手町倶楽部)
ゲスト:桜美林大学大学院グローバルコミュニケーション学科 荒田明夫教授
(2) 第2回アフリカサロン(2018年1月26日 於 外務精励会大手町倶楽部)
ゲスト:元駐ガーナ・前チリ二階尚人大使
⑧ 講演会
(1) 佐藤芳之講演会「アフリカで活躍する若者たちと最近のビジネス事情」
(2017年11月13日、於 国際文化会館 岩崎小弥太記念ホール)
講演:ケニアナッツカンパニー創業者 オーガニック・ソリューションズ社長 佐藤芳之氏
モデレーター:ブレインワークス社長 近藤昇氏
パネラー:アフリカビジネスパートナーズ代表パートナー 梅本優香里氏
LOOOP社長 中村創一郎氏
Alizeti代表 根津朋子氏
(2) 池亀美枝子講演会「アフリカへの企業進出」
(2018年3月23日、於 日仏会館 501号室)
講演:AU-NEPAD アフリカ連合開発機構総裁特別顧問 池亀美枝子氏
⑨ アドバイザリーサービス
理事・顧問・特別研究員がそれぞれの専門・地域を持って、現地での体験を基にした情報を提供する。
(1) 東京都中央区立佃中学校出前教室
鈴木優梨子特別研究員 2017年9月8日
勝俣誠理事・星野未来氏 2017年9月29日
(2) 都立中央図書館シリーズ展示(アフリカ篇)
2017年11月27日〜2018年1月14日
連携ミニ講演会:高倍宣義大使 12月2日、富田嘉孝大使 12月5日
萩原孝一特別研究員 12月9日、橋本栄治大使 12月13日
坂田泉特別研究員 12月16日、福田米蔵大使 12月19日
⑩ 懸賞論文
(1) 今年度は、一般若手研究者対象の「第3回懸賞論文」と高校生対象の「第1回高校生懸賞論文」に分けて募集。一般若手研究者からは残念ながら応募はなかったが、高校生懸賞論文は選考委員による審査の結果、優秀賞に作新学院高等学校2年篠原綾菜さんの論文「アフリカにおける日本の役割-平等と互恵のパートナーシップの実現を目指して」が選定され、2018年1月16日に表彰式を行い賞状並びに副賞10万円を授与。
授賞者一覧は下記:
優秀賞 作新学院高等学校 2年 篠原綾菜
特別賞 Crawford College Sandton, Grade10 味田村 俊
佳作 星槎高校 2年 鳥潟寛気
佳作 作新学院高等学校 1年 武田 与
⑪ アフリカ関連活動への参加
(1) AFRIKUOKA実行委員会主催
「アフリカが身近になる2日間 AFRIKUOKA」への後援
(2017年6月3日〜4日、於 福岡市天神中央公園内)
(2) 日本モロッコ協会主催
「モロッコ投資セミナー」への後援
(2017年7月21日、於 世界銀行東京開発ラーニングセンター)
(3) アフリカ開発銀行アジア代表事務所主催
「第2回日本アフリカビジネスフォーラム」への後援
(2017年7月25日〜26日、於 イイノホール)
(4) 日本中近東アフリカ婦人会主催
「第19回チャリティーバザー」への後援
(2017年10月17日、於 ロイヤルパークホテル3階 ロイヤルホール)
(5) 日本モロッコ協会主催
第4回「新春対談セミナー」への後援
(2018年1月19日 於 JXTGビル2階 講堂)
(6) 「Tokyo Africa collection 2018」への後援
(2018年1月20日、於 住友不動産六本木グランドタワー24階)
⑫ 在京アフリカ各国大使館主催独立記念日レセプション等に出席

2. 出版活動(機関紙編集委員会担当)
(1) 機関誌「アフリカ」の刊行
(2017年春号3月、夏号6月、秋号9月、冬号12月)
(2) 機関誌「アフリカ」編集会議の開催
(2017年6月9日、9月16日、12月14日、2018年3月5日)

3. 情報提供活動(情報・サービス委員会担当)
(1) 「第3回世界一愉しいアフリカ講座」
(2017年7月29日 於 JICA地球ひろば国際会議場)
モデレーター:アフリカ協会特別研究員 萩原孝一氏
講演:Mr.Jeff Mahamud 「日本とアフリカ〜何故日本はアフリカ進出で中国に負け続けるのか〜」
Mr.Dick Olango 「ケニアの未来にこそ、建築の未来がある」
Ms.Amahah Joi Ugomma  「知られざるアフリカ」
Mr.Nkongolo Elumba Jan Denis 「アフリカとのビジネス展望はいかに」
(2) 「第3回世界一愉しいアフリカ講座:名古屋公演」
(2017年10月28日、於 JICA中部なごや地球ひろば セミナールームB)
本講座は7月に開催した第3回愉しいアフリカ講座を撮影したビデオをベースに、初めて名古屋地区にて開催したもの。
(3) 「第4回世界一愉しいアフリカ講座〜女性目線でアフリカを語れば〜」
(2018年3月3日、於 JICA地球ひろば国際会議場)
モデレーター:アフリカ協会特別研究員 萩原孝一氏
講演:鈴木優梨子 元外務省職員 「東アフリカの人々の暮らし」
広瀬晴子 元モロッコ大使 「元モロッコ大使が見たアフリカ」
中内 綾 元アライアンス・フォーラム財団常務理事 「私が見たアフリカ〜アフリカのお母さん〜」
(4) HPの運営
主催イベントや共催イベントの掲載、フォーラム・シンポジウムの議事録の掲載、大使を囲む懇談会の掲載など各種企画を反映。
(5) Facebookの活用
Facebookの活用による情報発信。協会や会員の現地活動状況などを掲載。

4. 月刊アフリカニュース配信活動(月刊アフリカニュース編集委員会担当)
(1) 月刊アフリカニュース
毎月15日に、アフリカ在外公館の月報に加え、編集委員によるアフリカ関連記事の要約や、お役立ち資料、映画情報、JICA・青年海外協力隊からの投稿記事、アフリカ関係で活躍する方々のインタビュー記事など、内容の充実を図った。2017年度の配信は54号から65号まで合計12回配信。

5. 文化・社会活動(文化・社会委員会担当)
(1) 第3回アフリカから学ぶ(食べもの文化篇)〜西アフリカの食文化を台所と家族から学ぼう〜
(2017年7月9日、於 アフリカ料理レストラン「カラバッシュ」)
司会:アフリカ協会 清水眞理子氏
講演:英語講師 ミナ・ウイルソン氏 「西アフリカの台所-ガーナの場合」
国際農林業協働協会調査役 小林裕三氏 「西アフリカの知られざる食材:豆腐と味噌」
東京農工大准教授 オンウォナ・アジマン・スィアウ氏 「西アフリカの食卓-私の家族はこうだった」
多様なアフリカの食文化のうち、西アフリカのマメを素材とした食材から、台所を経て食卓に供される食文化について、一部実演を交えながら学ぶ。
(2) 第4回アフリカから学ぶ(社会・文化篇)
(2017年12月9日、於 日本教育会館 704号室)
司会:元駐コンゴ民大使 高倍宣義氏
講演:国際ジャーナリスト ウマルー・バリー氏 「アフリカの若者の今:脱出願望、希望、SNSについて」
パネラー:仏社会科学高等研究院EHESS 阿毛香絵氏
東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授 坂井真紀子氏
激しく変容を遂げているアフリカの都市の人口の多数を占める若者は、今や社会・文化変動の主人公となっている。その若者に焦点を当てドキュメンタリー動画を上映しながら文化の違いや変容に関する討議を実施。

6. 経済・文化交流活動(松浦会長)
4月 06日 大森茂セネガル大使 新任挨拶
18日 アフリカ部長を囲む昼食会
6月 16日 栁沢香枝マラウィ大使 面談
23日 アフリカ協会 総会
8月 14日 加藤義治モーリシャス大使 新任挨拶
20日 加藤尚彦氏 面談 (同席者:淺野副理事長、成島理事)
9月 22日 南博東ティモール大使 赴任挨拶
25日 姫野勉ガーナ大使 新任挨拶
11月 07日 姫野勉ガーナ大使、米谷光司ジブチ大使 赴任前挨拶
12月 25日 柳沢香枝マラウィ大使 面談(横浜国立大学松田氏の紹介も兼ねて)
1月 31日 アフリカ協会池亀美枝子顧問 面談(同席者:大島理事長)
高倍宣義大使叙勲を祝う会 (同席者:アフリカ協会会員)
2月 26日 アフリカ協会理事会 出席
28日 浦林紳二スーダン大使 新任挨拶
3月 05日 新井辰夫前ジブチ大使 挨拶
09日 アフリカ開発銀行昼食会(同席者:大島理事長、成島理事)
26日 原田秀明ナミビア大使 新任挨拶
27日 外務省主催中東アフリカ大使会議レセプション 出席
28日 国連WFPウガンダ事務所川崎冬樹氏 面談
29日 アフリカ大使会議レセプション 出席

基金関連事業
① 服部禮次郎アフリカ基金
(1) 特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLASが計画している、ウガンダ共和国HIV陽性者家庭の生計向上・栄養改善のための在来種野菜栽培支援活動費用の一部として54万円を助成した。HIV陽性者貧困家庭を対象に在来種野菜栽を継続して営めるよう、雨水貯水タンクの設置、種子・農具の購入、小規模農地の賃貸、野菜栽培技術指導の支援を行うと共に、対象者にどの程度の影響を与えることが出来たか評価調査を実施することも、目的としている。
(2) 特定非営利活動法人難民を助ける会が計画している、ザンビア共和国北西部州元難民現地統合地区における井戸衛生環境改善を通じた感染症リスクの軽減費用の一部として28万9千円を助成した。本事業では、ザンビア国北西部州メへバ元難民再定住地内で、住民自身の手で排水口の設置を中心とした井戸周辺の衛生環境を改善し、マラリアや下痢性疾患などの感染症にかかるリスクを軽減することを目的としている。
② サブサハラ・アフリカ奨学基金
(1) 北海道大学大学院農学院環境生命地球化学研究室にて、北海道酪農における窒素由来環境負荷の定量化やアフリカ・ザンビアでの農業開発と生物多様性の関連性調査などを研究している濱本亨氏が、ザンビアにおける土壌動物の多様性が担う炭素蓄積機能の関連解明の研究活動を行うにあたり、その費用の一部50万円を助成した。期間は2017年8月から10月までの2ヵ月間で実施。
(2) 帝京大学大学院公衆衛生学研究科専門職学位課程にて、住血吸虫症流行の背景にある住民の社会経済的要因や健康に関する知識・行動及び住民を支援する地域ボランティアの調査研究をしている町田清正氏が、ザンビアにおける衛生環境に対する住民の認識・行動様式と健康の関連性についての研究を行うにあたり、その費用の一部45万円を助成するもの。期間は2017年8月から10月頃までを予定。
(3) トーゴ共和国にて民族舞踊とモダンダンスを学び、新しいスタイルのアフリカンダンスや演劇などを研究しているSINANDJA Dakonyeme氏がコンテンポラリーダンスの創作活動及び地域に根差した劇場の創作活動を通して、新たな文化の創造と地域コミュニティの活性化の可能性について研究の為NPO法人DANCE BOXが主催する「国内ダンス留学@神戸」に参加する費用の一部30万円を助成するもの。期間は2017年9月から2018年3月の予定。
(4) 名古屋大学大学院教育発達科学研究科にて途上国での就学前教育に関して研究をされている近藤保子氏は、セネガル共和国で求められる就学前教育と保育者の専門性を同国の歴史的、社会的背景から明らかにする目的でフィールド調査を行うにあたり、その費用の一部70万円を助成するもの。期間は2018年4月から5月頃の約2ヵ月間を予定。
(5) 東北大学工学研究科にて都市建築学を選考されているBeullah Serema氏は、ボツワナ共和国の政治的安定性及び暴力・テロの不在や汚職の抑制においてその背景となす、ボツワナ共和国の民主的合意形成を支える伝統的空間「Kgotla」の研究を行うにあたり、その調査費用の一部38万円を助成するもの。期間は2018年4月から5月の2ヵ月間を予定。
③ 公益信託アフリカ支援基金
(1) 業務委託を受けている公益信託アフリカ支援基金の運営委員会(2017年7月27日、12月7日 於 みずほ信託銀行)を開催、1案件、総額 147万6千円の助成を決定。

(2) 会員の状況

1. 入会
  法人会員 2件
ベーカー&マッケンジー法律事務所、株式会社Looop

個人会員 11件
名称略

2. 退会
  個人会員 4件
前田祥治、佐々木高久、河野めぐみ、井上清昭

3. 会員数(2018年3月31日現在)
  法人会員 52社・団体
個人会員 85名

【法人会員名簿】(入会順)
西澤株式会社、伊藤忠商事株式会社、鹿島建設株式会社、住友商事株式会社、
丸紅株式会社、トヨタ自動車株式会社、豊田通商株式会社、
三菱商事株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社鴻池組、
セイコーホールディングス株式会社、ヤマハ発動機株式会社、
いすゞ自動車株式会社、海外ウラン資源開発株式会社、
住友化学株式会社、みずほ信託銀行株式会社、日本ザンビア共和国友好協会、
アフリカ開発銀行アジア代表事務所、味の素株式会社、
株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社パソナ、株式会社東芝、
Asia Africa Investment and Consulting Pto. Ltd.、
日本たばこ産業株式会社、西村あさひ法律事務所、
公益財団法人日本ペア碁協会、東洋製罐グループホールディングス株式会社、
石油資源開発株式会社、日本電気株式会社、株式会社三井住友銀行、
双日株式会社、日本信号株式会社、株式会社LIXIL、
一般社団法人アーネスト育成財団、株式会社カネカ、
クラウンエイジェンツ・ジャパン株式会社、株式会社みずほ銀行、
Kens.co株式会社、白井エコセンター株式会社、サンヨー食品株式会社、
株式会社タダノ、サントリー食品インターナショナル株式会社、
旭硝子株式会社、ロート製薬株式会社、
国際連合工業開発機関(UNIDO)東京投資・技術移転促進事務所、
株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社翻訳センターパイオニア、
株式会社ブレインワークス、株式会社ラミーコーポレーション、
ベーカー&マッケンジー法律事務所、株式会社Looop、国際開発アソシエイツ

【個人会員名簿】(入会順)
松本茂太郎、小八木克彦、大平 裕、浅野光明、堀内伸介、立石信雄、
桑田 幸、寺崎勝義、黒河内 康、高倍宣義、黒川祐次、松浦晃一郎、
淺野昌宏、小池佳子、広瀬晴子、武藤一郎、布目正浩、松山良一、浅井和子、
鈴木優梨子、佐藤芳之、荒田明夫、池上貞男、林 康夫、大河原民夫、
加藤 基、島田周平、佐藤啓太郎、河村悦孝、川口哲郎、萩原孝一、八角幸雄、
奥村宗弘、安尾美由紀、本間美夜子、野口 勝、高松幸司、清水眞理子、
小森英哉、成島利晴、マーク・アントワーヌ・スキャルシャフィキ、志村明美、
坂田有弥、清水陽一郎、坂田 泉、橋本栄治、福田米藏、大島賢三、須藤 實、
井上文也、大矢秀行、角田進二、畝伊智朗、小田兼利、逢沢一郎、高田正典、
富田嘉孝、望月聡之、中西一夫、岩井克己、西尾進路、富永玲子、青木一能、
小関尚紀、中内 綾、乾 直樹、玉川雅之、石野 赫、大貝隆一、磯部広貴、
庄司隆一、鎌田とも子、海老原直矢、須藤 誠、飛田雅則、伊藤邦明、
芳志戸誠二、三原朝彦、小林裕三、二石昌人、小林義明、内藤智博、
宇﨑雅雄、寺前 渡、鈴木厚司

4. 役員の状況(2018年3月31日現在)

会長
(代表理事)
松浦 晃一郎 前ユネスコ 事務局長
副会長 鴻池 一季 株式会社鴻池組 名誉会長
副会長 澤田 秀雄 株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長兼社長(CEO)
理事長
(代表理事)
大島 賢三 元国連大使
副理事長 淺野 昌宏 元丸紅ネットワークシステムズ株式会社 代表取締役社長
専務理事 大河原 民夫 株式会社パソナ グローバル事業部 シニアアドバイザー
理事・
事務局長
成島 利晴 元三井物産株式会社
理 事 勝俣 誠 明治学院大学 国際学部 名誉教授
理 事 荒田 明夫 桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群 教授
理 事 片岡 貞治 早稲田大学 国際学術院 教授
理 事 広瀬 晴子 元国連工業開発機関(UNIDO) 事務局次長、元モロッコ大使
東京工業大学 グローバルリーダー教育院 特任教授
理 事 中内 綾 元アライアンス・フォーラム財団常務理事
監 事 安原 澄人 みずほ信託銀行株式会社 信託総合営業第五部 部長
監 事 奥村 宗弘 元株式会社ウェルシィ 常勤監査役
顧 問 浅井 和子 弁護士、元ガーナ大使
顧 問 岡野 光喜 スルガ銀行株式会社 会長兼CEO
顧 問 加藤 隆俊 国際金融情報センター 理事長
顧 問 川田 順造 東京外国語大学 名誉教授
顧 問 小島 順彦 三菱商事株式会社 相談役
顧 問 佐藤 芳之 株式会社オーガニック・ソリューションズ・ジャパン
代表取締役社長
顧 問 鳥居 泰彦 慶應義塾大学 学事顧問
顧 問 中村 吉伸 セイコーホールディングス株式会社 代表取締役社長
顧 問 原口 武彦 元アフリカ学会 評議員
顧 問 林 康夫 日本貿易振興機構 顧問
顧 問 原 丈人 アライアンス・フォーラム財団 代表理事
顧 問 松山 良一 国際大学 理事
顧 問 山口 範雄 味の素株式会社 特別顧問
顧 問 近藤 誠一 元文化庁長官
顧 問 佐藤 禎一 元文部事務次官
顧 問 池上 清子 日本大学大学院 総合社会情報研究科 教授
顧 問 堀内 伸介 元ケニア大使
顧 問 島田 周平 名古屋外国語大学 世界共生学部 特任教授
顧 問 池亀 美枝子 AU-NEPAD開発機構 総裁特別顧問
顧 問 玉川 雅之 工学院大学 常務理事・特任教授、
初代アフリカ開発銀行 アジア代表事務所長

(3) 総会・理事会の状況

1. 総会
①第74回通常総会2017年6月23日(金)午後2時30分〜3時30分
(於 国際文化会館 別館2階講堂)
  ・2016年度事業報告(案)ならびに決算報告(案)承認の件
・2016年度アフリカ基金、サブサハラ・アフリカ奨学基金決算報告(案)
 承認の件
・公益目的支出計画実施報告書(案)承認の件
・任期満了に伴う理事・監事の重任及び新理事承認の件

2. 理事会
①第98回理事会 2017年5月31日(水)(書面決議)
  ・2017年度通常総会開催の件
・総会提出議案承認の件
・2016年度事業報告(案)ならびに決算報告(案)承認の件
・2016年度アフリカ基金、サブサハラ・アフリカ奨学基金決算報告(案)
承認の件
・公益目的支出計画実施報告書(案)承認の件
・任期満了に伴う理事・監事の重任及び新理事承認の件
・法人会員、個人会員 入会承認の件
②第99回理事会 2017年6月23日(金)午後4時〜4時30分
(於 国際文化会館 4階403号室)
  ・理事会役員選任の件
・法人会員・個人会員 入会承認の件
③第100回理事会 2017年8月16日(水)(書面決議)
  ・法人会員、個人会員 入会承認の件
④第101回理事会 2017年10月3日(火)
(於 国際文化会館 4階403号室)
  ・法人会員・個人会員 入会承認の件
・中間決算概要報告(報告事項)
・上半期各委員会活動状況報告(報告事項)
・下半期各委員会活動予定(報告事項)
⑤第102回理事会 2017年12月4日(月)(書面決議)
  ・法人会員・個人会員 入会承認の件
⑥第103回理事会 2018年2月26日(月)午後2時30分〜4時
(於 国際文化会館 4階403号室)
  ・2018年度(2018年4月1日〜2019年3月31日)事業計画書(案)
ならびに収支予算(案)承認の件
・基金に関する事業計画書(案)承認の件
・「会員増強委員会」新設承認の件
・顧問委嘱の件

(4) 財務諸表

■2017年度 決算報告書(PDF)

(5) その他

(1) AU議員連盟への説明及び意見交換(大島理事長、淺野副理事長)
2月15日 逢沢一郎会長、三原朝彦会長代行
2月26日 山際大志郎事務局長