検索!お役立ち資料

 
皆様に参考となる資料を紹介するコーナーです。
お忙しい方でも、手軽にデータやトピックスにアクセス出来るように
工夫しています。
ご興味のある資料は検索してみて下さい。

  • 一次産品が牽引した経済成長期は終わり、成長が減速
    • 【アフリカ誌2015年夏号掲載】サブサハラ・アフリカの経済成長率は、石油をはじめとする一次産品価格の下落を反映し、2014年の4.5%から2015年は4.0%に減速するだろうと予想している。過去20年間の年平均4.4%を下回る数字であり、これまで最高の成長率を記録した2002年~2008年の6.4%には遠く及ばない。同報告書は、マクロ経済政策にとどまらず、域内全体で全てのセクターの生産性拡大と持続に向けた構造改革の必要性と、雇用を創出する包摂的な構造変化のプロセスが必要であると強調している。その上で、「強い逆風と新たな課題はあるもの、一方で種々の可能性も見える。一次産品がけん引した経済成長期が終わったことで、次なる一連の構造改革を推進し、貧困削減により効率的な形でアフリカが成長する絶好の機会が開けている」と述べている。
    • 資料名Africa’s-Pulse 2015 April  英文 44P
      提供先:The World Bank 
      発行日:2015年4月15日
      検索先: 日本語プレスレリースのみ  こちらをクリック
            本文英語 PDF“Africa’s Pulse”  こちらをクリック
  • 中国 in アフリカ
    • 【アフリカ誌2015年夏号掲載】中国の急速な経済成長と中間層の拡大は、かってないほど資源需要を活気づけ、世界中に長期的なエネルギーや鉱物資源を求めることになった。この流れの中で、中国はアフリカに巨額の投資をし、資源開発と貿易の増大に貢献した。しかし、今、中国は統治問題、人権問題と同様に、アフリカでのビジネス手法も批判に晒されている。中国の原油需要、アフリカとの貿易、油田権益へのアクセス、アフリカの反発、中国・アフリカ連携の評価などが4Pほどの記事にまとめられている。
    • 資料名:“China in Africa”by Christopher Alessi and Beina Xu
      提供先:Council on Foreign Relations
      発行日:2015年4月27日
      検索先:  こちらをクリック