フォーラム

「第7回 世界一愉しいアフリカ講座」

  • ■日時:2019年9月29日(日) 13:30~16:45
    ■場所:国際協力機構(JICA)地球ひろば
    ■概要:「女性が大活躍のアフリカ」と題して講演及びパネルディスカッションを行いまます。
  • 第7回 世界一愉しいアフリカ講座
    ~女性が大活躍のアフリカ~
    9月29日(日)午後、JICA地球ひろば2階国際会議場にて情報・サービス委員会(委員長:萩原孝一特別研究員)の企画による「第7回世界一愉しいアフリカ講座~女性が大活躍のアフリカ~」を開催致しました。今回は、アフリカで実際に従事していらっしゃる2人の女性、株式会社ガラリの水鳥優子様とマゴソスクール早川千晶様をお招き致しました。
    まず主催者として淺野副理事長よりの挨拶の後、萩原委員長の司会により、水鳥優子様から「エチオピアから始まるシルク事業」と題して、アフリカ産のキャッサバなどを餌とするエリ蚕の育成やエリシルクを原料とした衣服の生産などで奮闘されているご様子を、
    エリシルクの光沢や柔らかさなど繊維としての優れている点を強調されながら講演して頂きました。
    次に、ケニアで200万人が暮らすともいわれているキベラスラムで、両親のいない子供たちを保護して支援・教育するマゴソスクールを運営している早川千晶さんから、「ケニアの大スラムで暮らすということ」と題して、スクールを始めるに至った動機や、ともにスクールを運営するケニア女性のこと、スラムの実態や卒業生の活躍などを講演して頂きました。
    最後に講演者によるパネルディスカッションにてまとめた後、お開きとなりましたが、当日は会場都合により日曜日の午後の開催となったため集客が懸念されましたが、100名もの方々にご参加頂き活発な講座となりました。
  • 主催イベント

    • 各国・地域情報バナー
    • 検索バナー
    • 外務省人事バナー
    • 在外公館一覧バナー