講演会イベント2022

  • 04月28日
  • 学術研究会 第2回研究発表会

当協会では、アフリカに関わる各種の情報収集・分析・発信を主軸とする活動を幅広く長期にわたって展開してきました。
近年の日本・アフリカ関係の緊密化やアフリカに対する世界的な注目度の高まりの中で、一層活動の深化と多角化・多様化を求めていく目的で学術研究分野での事業の拡大と充実のため、昨年度より学術研究会を発足させております。
今般、第2回研究発表会として、専修大学経済学部准教授である傅凱儀先生をお招きしてオンラインによるご講演を頂くことと致しました。

講 師:傅凱儀 (Regina Hoi Yee FU)専修大学経済学部国際経済学科准教授

テーマ:ナイジェリア・中国関係考察 ~ 主に開発支援の観点から

日 時:2022年4月28日(木) 14時から15時30分予定
司 会:青木一能 アフリカ協会学術研究委員会委員長(日本大学名誉教授)

  • 04月19日
  • 「アフリカの感染症を知る」シリーズ第2回講演会

アフリカ協会文化・社会委員会主催の「アフリカの感染症を知る」シリーズの第2回講演会になります。
本シリーズは、去る1月27日を初回として、全15回にわたりアフリカの
感染症について各分野の専門家の皆様にご講演いただきます。

講 師:仲佐 保 シェア=国際保健協力市民の会 合同代表

テーマ:エボラウィルス病との闘い ~コンゴ民主共和国にて

日 時:2022年4月19日(火)14:00~15:30 オンライン(Zoom)
司 会:池上清子 長崎大学熱帯医学・グローバルへルス研究科客員教授、アフリカ協会理事

  • 03月25日
  • 第2回オンライン・アフリカ講座

当協会では、アフリカ諸国の情報を広く提供することを目的に、1960年
発足以来、その主な事業活動として機関誌『アフリカ』を季刊発行し日本
におけるアフリカ理解促進に努めております。
機関誌『アフリカ』は在アフリカ日本各国大使や有識者のインタビュー
ならびに寄稿記事を掲載しており、会員企業の代表者および調査研究部門
の担当者の方々にご購読いただいております。
上述の機関誌『アフリカ』にアフリカの政治社会面でのトピックスを解説
する【アフリカ・ニュース解説】というコーナーがあり毎回、早稲田大学
国際学術院教授の片岡貞治先生に連載頂いております。
【アフリカ・ニュース解説】に掲載したテーマについての、さらなる詳細な
解説を、ご執筆者である片岡貞治先生に、定期的にオンラインにてご講演を
頂く「オンライン・アフリカ講座」を開催する事といたしました。
昨年11月に第1回オンライン講座を開催し、ご好評を頂きました。
第2回は、2021年冬号にて掲載いたしました「アビィ・アハメド首相と
ティグライ戦争」についてのご講演です。

講 師:片岡貞治 早稲田大学国際学術院 教授

テーマ:“アビィ・アハメド首相とティグライ戦争”

日 時:2022年3月25日(金)午後15時より16時30分 オンライン方式(Zoom)
司 会:アフリカ協会副理事長 淺野 昌宏

  • 01月27日
  • 「アフリカの感染症を知る」シリーズ 第1回講演会

アフリカ協会では、文化・社会委員会の主催で、2016年から「アフリカから学ぶ」シリーズとして、音楽や食文化あるいはアフリカの若者の考え方などアフリカの社会・文化に関するさまざまなテーマを、講演会や映画上映などにより7回に亘りご紹介してまいりましたが、今般新しく保健・衛生面を捉え「アフリカの感染症を知る」シリーズとしてご紹介することと致しました。
折しも、世界では新型コロナの感染拡大が大きな問題となっており、最近では新たなる変異種もアフリカ南部で発見されております。現代の最も興味ある課題にご期待ください。

講 師:金子 聰【長崎大学熱帯医学研究所教授】

テーマ:アフリカの感染症:顧みられない熱帯病を中心に

日 時:2022年1月27日(木)13時から14時30分【オンライン(ZOOM)】
司 会:池上 清子【長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科客室教授、アフリカ協会理事(文化・社会委員会委員長)】