検索!お役立ち資料

 
皆様に参考となる資料を紹介するコーナーです。
お忙しい方でも、手軽にデータやトピックスにアクセス出来るように
工夫しています。
ご興味のある資料は検索してみて下さい。

  • 国別経済指標2件
  • 【アフリカ誌2013年冬号掲載】
  • ■資料名:”Global Competitive Report 2013-2014″
    ■提供先:World Economic Forum ■掲載日:2013年9月4日
    ■検索先: こちらをクリック
  • ■資料名:”African Economic Outlook 2013″
    ■提供先:UNECA, ■掲載日:2013年10月
    ■検索先: こちらをクリック
  • 投資対象としての農業!
    • 【アフリカ誌2013年冬号掲載】
      アフリカの農業についての考え方が変化してきており、農業は成長分野であり、農民にも大きな成長の可能性を約束するものと受け止められつつあります。もはや農業は先進国からの援助の対象ではなく、投資の対象として検討されるべきであると言っています。
    • 資料名:Agriculture: Realising Africa’s Potential 英文24P
      提供先:The Financial Times Publication and Rockefeller Foundation
      発行日:2013年9月26日
      検索先:  こちらをクリック
  • サブサハラをインフラの観点から見ると!
  • 【アフリカ誌2013年冬号掲載】
    ICAはグレーンイーグルスサミット議長国の英国が提唱して作られた組織で、対アフリカ・インフラ支援に関する連携強化を目的として2005年にスタートしました。この報告書で、公的資金でのインフラ投資は、地域開発銀行に次いで多いのは、中国、アラブ諸国、欧州諸国で、その他として20カ国ありますが日本はその上位にも出てきません。又、プライベートセクターから見てファイナンスイングに魅力のある国のトップ10は、ケニア、南ア、ガーナ、モザンビーク、タンザニア、ボツワナ、ウガンダ、アンゴラ、ナミビア、ザンビアの順となっています。
  • 資料名:INFRASTRUCTURE FINANCING TRENDS IN AFRICA: ICA ANNUAL REPORT 2012 英文24P
    提供先:The Infrastructure Consortium for Africa
    発行日:2013年
    検索先:  こちらをクリック
  • 民族グループは外国投資にも影響を及ぼすのか?
    • 【アフリカ誌2013年冬号掲載】Afrobarometer が、サブサハラ19カ国で15,000人を対象に、外国投資に関する調査を実施した。その結果、外国投資に対するアフリカ市民の支持は民族グループによって左右され、必ずしも経済学の比較優位の原則によらないと報告しています。議論の余地はありますが、有名な調査機関であり、一考に値するかもしれません。
    • ■資料名:ETHNICITY AND INDIVIDUAL ATTITUDES TOWARDS INTERNATIONAL INVESTORS: SURVEY EVIDENCE FROM SUB-SAHARAN AFRICA 英文26P
      ■提供先:Afrobarometer ■掲載日:2013年
      ■検索先:  こちらをクリック
  • 米国の視点から見た、サブサハラの重要性は?
  • 【アフリカ誌2013年秋号掲載】
    米国の視点からサブサハラの重要性を議論しています。世界の安全の為のアフリカの安定、サブサハラでの中国との関係、米国の外交政策としてのエネルギーの重要性、米国からの貿易と投資、効果的な援助政策の5つが優先分野とされています。
  • ■資料名:“Top Five Reasons Why Africa Should Be a Priority for the United States” 英文20P
    ■提供先:the Brookings Africa Growth Initiative ■掲載日:2013年3月7日
    ■検索先: こちらをクリック
  • サブサハラ諸国の視点から見た、米国に対する関心は?
  • 【アフリカ誌2013年秋号掲載】
    ワシントン駐在の34のサブサハラ諸国大使は、AGOAの作業部会でリコメンデーションを作成し、AGOAの15年間の延長とそれに伴う追加要請を出しました。アフリカ諸国の関心がどこにあるのかを示していますが、米国との政策対話、AGOAの15年延長、民間のビジネス対話の増大、貿易と市場アクセスの増大、米国らかの投資の増大、EPA/FTA交渉の切り離しがあげられています。上記の米国側からの視点と併せて読むと面白と思います。
  • ■資料名:Recommendations for the re-authorization of the African Growth and Opportunity Act(AGOA)  英文12P
    ■提供先:Leadership Africa USA(Washington DC) ■掲載日:2013年7月31日
    ■検索先: こちらをクリック