検索!お役立ち資料

 
皆様に参考となる資料を紹介するコーナーです。
お忙しい方でも、手軽にデータやトピックスにアクセス出来るように
工夫しています。
ご興味のある資料は検索してみて下さい。

  • アフリカ諸国の明るい展望!
    • 【アフリカ誌2014年冬号掲載】アフリカ諸国は、紛争、飢餓、独裁者、汚職を乗り越えて、経済的発展の明るい展望の中にあるとして特集を組んでいる。「不平等が大陸の発展の妨げとなっている」、「投資家は、消費財に目を付けている」、「政治システムの失敗が復興の脅威である」、「雇用の創出が社会不安を引き起こさない鍵である」、「隣国との取引は良い結果を導き出す」、「安い携帯、スマホがインターネット革命を推進している」、「米国、欧州諸国は中国の影響力の拡大に対抗している」、「多くの外国企業は中間層が予想以上に急成長していると感じている」等々で、結論として「より良いガバナンスが唯一の耐えうる解決策である」と結論付けている。
    • 資料名:New Africa”, by Financial Times 
      英文 8P
      提供先:Financial Times
      掲載日:2014年10月6日 
      検索先:  こちらをクリック
  • アフリカ諸国のランク付け
    • 【アフリカ誌2014年冬号掲載】よく知られている「モ・イブラヒム財団」の2013年版ガバナンス指標が発表された。各国の「安全と法的保護」、「人権など政府と市民の関係」、「ビジネス環境の改善度」、「教育と福祉をベースとした人間開発」などを基本にスコアが付けられランク付けされている。それらの総合点では、1位から順にモーリシャス、カーボヴェルデ、ボツワナ、南ア、セーシェルとなっている。一方、低いスコアでは常連のギニア、ジンバブエ、チャドは過去5年に大きく改善したが、高いランクには届いていない。全体としてアフリカ諸国のガバナンスは、ゆっくりと向上しているが、過去5年間で見ると、100点満点で1ポイントしか改善していない。
    • 資料名:IBRAHIM INDEX OF AFRICAN GOVERNANCE SUMMARY REPORT
      英文、40P

      提供先:MO IBRAHIM FOUNDATION
      掲載日:2014年9月 
      検索先:  こちらをクリック

  • Doing Business in Africa
    • 【アフリカ誌2014年秋号掲載】8月4-6日、オバマ大統領の提唱でUSA-アフリカ サミットが開催されましたが、これを受けてITA(International Trade Administration)は、アフリカビジネスに関する情報を集約するポータルサイト”Doing Business in Africa”を開設しました。トピックスから各種データまで情報満載です。
    • 検索先:  こちらをクリック

     

  • 使えます!最近のアフリカは?
    • 【アフリカ誌2014年秋号掲載】アフリカは援助を必要とする大陸から、可能性ある大陸となった。以下の事項についてデーターと解説があり、アフリカを紹介する時などに使えます。
      ① アフリカの2000年以降の経済成長は東アジアに次いで高い
      ② アフリカへの直接投資の利益率は、多くの新興市場より高い
      ③ アフリカの貿易と資本の流入は、2012年ではGDPの82%に伸びている
      ④ 自然資源の輸出はアフリカの総輸出の半分以下であり、製造業製品の輸出が伸びている  
      ④ アフリカへの投資分野の説明
      ⑤ アフリカのglobal connectedness indexの説明
      ⑥ 米国のアフリカとの貿易は2012年には、アフリカの総貿易の4%に過ぎない
      ⑦ 米国のアフリカへの投資は、他の投資国と比較すると少ない
    • 資料名:Lions go global: Deepening Africa’s ties to the United States
      提供先:Mckinsey Global Institute
      掲載日:2014年8月 
      検索先:  こちらをクリック

     

  • アフリカの緑と青の革命!
    • 【アフリカ誌2014年秋号掲載】豊かな農地と海を目の前にして、利用できない農民と漁民がいる。これは大きな投資の機会と可能性があるという事。本報告書は、アナン元国連事務総長を始め、学者、研究者、行政官が毎年アフリカの異なる側面を研究し発表するもので、2014年は「穀物、魚、資金:アフリカの緑と青の革命へのファイナンス」というタイトルになっている。アフリカの高度成長が喧伝される一方、未だに貧困に苦しむ人々がおり、ここは農民・漁民に焦点を当てた、アフリカ諸国の政府と先進国政府への政策提言である。アフリカの大きな可能性と問題の一面を詳しく知ることが出来る。
    • 資料名:Grain, Fish, Money: Financing Africa’s Green and Blue Revolutions
      英文、180ページ
      提供先:African Progress Panel
      掲載日:2014年5月 
      検索先:  こちらをクリック

     

  • Africa Economic Outlook 2014
    • 【アフリカ誌2014年秋号掲載】アフリカ全体の経済は順調に進んでいると評価され、2014年は4.8%、2015年は5~6%の成長が予測されている。資源輸出のみでなく、国内需要の増加、インフラ建設、製造業製品の貿易の増加など広い基盤の拡大によるが、この成長を維持するためには、各国の経済ショックに対する緩衝策、マクロ経済の慎重な運営が期待されると同時に、低付加価値製品から高付加価値産業への転換が必要だ。そのためには地域と世界市場を対象とした製造業製品のバリューチェインの中に入る努力が求められる。
      報告書の最初の部分で、マクロ経済の動向、外資の流入と税収、貿易政策と地域の融合、人材の開発、政治とガバナンスが議論され、後半にアフリカと世界的バリューチェイン、その可能性と現状、分野別の可能性、そのための政策等が論じられている。
    • 資料名:African Economic Outlook 2014.:
      Global Value Chains and Africa’s Industrialisation
      英文、317ページ
      提供先:African Development Bank
      発行日:2014年5月 全体、7月 地域別
      検索先:  全体こちらをクリック
       地域別 こちらをクリック