検索!お役立ち資料

 
皆様に参考となる資料を紹介するコーナーです。
お忙しい方でも、手軽にデータやトピックスにアクセス出来るように
工夫しています。
ご興味のある資料は検索してみて下さい。

  • 「アフリカの不正金融流出」
    • 【月刊アフリカニュースNo.96掲載】
    • ・COVID-19パンデミックの被害を受けているアフリカ諸国は、持続可能な開発アジェンダ2030(ASD2030)を達成するために資源のより一層の動員が求められている。本報告書は不正な金融フローとアフリカの開発の経済、社会、環境の関係取り上げている。
      ・不正な金融フローは、アフリカと人々の将来への希望を奪い、透明性と説明責任を損ない、アフリカの国々や組織に対する信頼を損なうものである。資金の流出は、不正な金融逃避、税務および商業慣行の貿易出荷の誤請求や違法市場、腐敗、盗難などの犯罪行為などを含むものである。
      ・毎年、推定$886億、GDPの3.7%が不正な金融逃避としてアフリカから流出している。この逃避額は2013-2015年の平均値であり、毎年のODA $480億と外国直接投資$540億にほぼ等しい。
      ・2000-2015年の不正金融流出総額は$8,360億、2018年の外国債務総額は$7,700億であるのでアフリカは世界に対して、“ネット債権者”である。
      ・不正金融フローの内、採掘資源の輸出に関係するものは、2015年に$400億であり、アフリカからの不正金融フローの最大項目である。不正金融フローの推定額は大きいが、それでも問題とその影響を過小評価している可能性は高い。
      ・アフリカは現在の政府財収と開発援助では、SDGsの達成に必要な資金との差年$2,000億を埋めることはできない。
      ・資本逃避と不正金融フロー対策はインフラ、教育、保健、生産設備等の投資に必要とされる資金需要の一部となりえる。不正な資金逃避を抑制することで、サブサハラ・アフリカが2030年までに気候変動への適応と緩和に必要な資金$2.4兆のほぼ50%を調達できる。
      ・不正金融の問題の解決には、国際的な課税協力と汚職対策が必要である。国際社会は不正金融フローに対抗するために途上国の税務、税関機関の能力向上により多くの資源を投入すべきである。

       

    •  “Economic Development in Africa Report 2020: Tackling Illicit Financial Flow for     Sustainable Development in Africa”

      https://unctad.org/en/PublicationsLibrary/aldcafrica2020_en.pdf  本文

      https://unctad.org/en/pages/PressRelease.aspx?OriginalVersionID=573 プレスレリース

  • アフリカ諸国COVID-19感染症数等
  • 【月刊アフリカニュースNo.96掲載】
  • ①→ African Arguments、https://africanarguments.org/ を開き、
    “Coronavirus in Africa Tracker: How many covid-19 cases & where? [Latest]”
         を開く。各国の当日までの感染者数表と過去の感染者数の推移グラフがある。

    ①→ AllAfrica,  https://allafrica.com/。を開き、
      Coronavirus (https://allafrica.com/coronavirus/)を開くと
    当日までの各国の感染者数、回復者数、死者数表と地図がある。

  • アフリカ諸国COVID-19感染症数等
    • 【月刊アフリカニュースNo.95掲載】
    • ① African Arguments、https://africanarguments.org/ を開き、
      “Coronavirus in Africa Tracker: How many covid-19 cases & where? [Latest]”を開く。
      各国の当日までの感染者数表と過去の感染者数の推移グラフがある。

      ② AllAfrica,  https://allafrica.com/。を開き、
      Coronavirus (https://allafrica.com/coronavirus/)を開くと
      当日までの各国の感染者数、回復者数、死者数表と地図がある。

       

    • 国別の感染者数、回復者数、死亡者数については、以下リンクを参照されたい。

      ① 各国の当日までの感染者数表と過去の感染者数の推移グラフ
      African Arguments
      “Coronavirus in Africa Tracker: How many covid-19 cases & where? [Latest]”

      ② 当日までの各国の感染者数、回復者数、死者数表と地図
      AllAfrica
      Coronavirus

  • 「中国の一帯一路イニシァティブについて、過剰債務で受取国の難題という神話」
    • 【月刊アフリカニュースNo.95掲載】
    • ・中国の一帯一路計画は、中国の地政学的戦略として持続不可能な債務を負わせるものとして描かれている。しかし、中国の開発金融機関は細分化されていて、詳細な目的を共同して追求するようにはできていない。受入国の政府の政治経済的な利益の追求が本計画を進めている。
      ・一帯一路計画は、多様な二国間の政治経済の動きやガバナンスが不十分なままに計画、実施されているので、その結果として、否定的な経済、政治、社会、環境問題が生じ、中国政府は計画の調整に追われている。
      ・スリランカとマレーシャの例が中国の「債務トラップ外交」の「犠牲者」として広く知られているが、プロジェクトは受け入れ国のイニシャティブで始まったものであり、債務問題は地元のエリートと西欧の金融市場で起きた問題である。中国は両国において否定的な反応を得ているが、受け入れ国の大きな利益に比較すれば、比較にならない。
      ・プロジェクトの質の改善のためには中国は一貫した十分なリスク評価能力と厳格で明確な統合された意思決定システム作るべきであり、中国における既得権益も取り組む必要性があろう。
      ・受け入れ国もプロジェクトの有用性と財政的な可能性についての評価に責任がある。また、プロジェクトの実施される地域の人々の利益について、中国側との交渉の責任がある。
      ・受入国の市民社会と野党は、プロジェクトの透明性と市民の参加、デザイン、実現可能性について焦点を絞り、努力すべきである。

       

    • “Debunking the Myth of ‘Debt-trap Diplomacy’How Recipient Countries
      Shape China’s Belt and Road Initiative“
      Chathaum House 、Lee Jones and Shahar Hameiri、8月25日
      https://www.chathamhouse.org/sites/default/files/2020-08-25-debunking-
      myth-debt-trap-diplomacy-jones-hameiri.pdf
  • アフリカ諸国COVID-19感染症数等
    • 【月刊アフリカニュースNo.94掲載】
    • ① African Arguments、https://africanarguments.org/ を開き、
       “Coronavirus in Africa Tracker: How many covid-19 cases & where?  [Latest]”
        を開く。各国の当日までの感染者数表と過去の感染者数の推移グラフがある。

      ② AllAfrica,  https://allafrica.com/。を開き、
        Coronavirus (https://allafrica.com/coronavirus/)を開くと
        当日までの各国の感染者数、回復者数、死者数表と地図がある。

    • 国別の感染者数、回復者数、死亡者数については、以下リンクを参照されたい。

      ① 各国の当日までの感染者数表と過去の感染者数の推移グラフ
      African Arguments
      “Coronavirus in Africa Tracker: How many covid-19 cases & where? [Latest]”

      ② 当日までの各国の感染者数、回復者数、死者数表と地図
      AllAfrica
      Coronavirus

  • 「アフリカ経済見通し、2020、COVID-19の最中にあって」
    • 【月刊アフリカニュースNo.94掲載】
    • ・COVID-19感染者数は7-14日ごとに、倍増している。33ケ国は貧弱な医療設備しかないので、パンデミックに対しての準備は貧弱である。パンデミックは大陸の現在までの発展軌道を覆す可能性もある。人道的にも公衆衛生の視点からも大災害となる可能性もある。
      ・アフリカの2020年のGDPは、パンデミックの影響は厳しいが短い期間というベースラインシナリオでは1.7%の成長。最悪のケースシナリオでは、―3.4%である。
      ・2021年に部分的な回復というシナリオでは、3%の成長が予測されえる。
      ・各国の影響は経済の構成とパンデミックの始まった時の経済状況によって大きく異なる。
       観光依存国、石油輸出国、他の資源依存国は、観光客の激減、石油価格の下落、資源需要と価格の下落等によって、厳しい影響を受けるであろう。このような国の経済はマイナス4%位の落ち込みとなろう。その他の経済構造が多様化している国々はショックに対して弾力的に対応できよう。
      ・財政赤字は倍増し、追加的な債務はGDPの10%のレベルに達するであろう。パンデミックは公共分野では$1220億の追加の資金調達を必要としよう。しかし、世界金融市場は縮小し、安全第一となり、流動性は大いに減少しよう。外国直接投資、海外からの仕送り、ポートフォリオフローも減少しよう。
      ・パンデミックの直接的な影響は2,300万人以上の弱い労働者の職を奪い、極度の貧困に苦しむ人々は4億6300万人に上る。これが最悪のシナリオである。
      ・アフリカ諸国の政府と開発支援国は、協調し、目標を定め、迅速にすべての政策手段を動員しなければならない。次のような政策手段が考えられる;
      (1) ウイルスの拡散を封じ込め、死亡者を最小限に抑えるための目標を定めた公衆
      衛生手段、(2)流動性の制約と支払い能力リスクを軽減するための通貨政策、
      (3)経済的な影響の緩和と脆弱なグループを保護するための財政政策、(4)労働者と彼らの雇用を守るため労働市場政策、(5)COVID-19後と将来のショックに対応するため回復力を付ける政策。
      ・経済活動を再開するために、政策作成者は順序だった段階的なアプローチを採択する必要がある。経済活動再開と国民の健康状態のトレードオフを慎重に評価しなければならない。経済活動は異なる分野間の感染リスクを考慮し段階的に進めなければならない。製造業、建設業、小売業などが最初に再開することが出来よう。次にホテル、学校、レストラン、スポーツ、劇場などの再開が考えられる。

       

    • “African Economic Outlook 2020 Amid O VID–19”
      African Development Bank、 7月9日
      https://www.afdb.org/sites/default/files/documents/publications/afdb20-04_aeo_supplement_full_report_for_web_0705.pdf
  • 各国・地域情報バナー
  • 検索バナー
  • 外務省人事バナー
  • 在外公館一覧バナー