検索!お役立ち資料

 
皆様に参考となる資料を紹介するコーナーです。
お忙しい方でも、手軽にデータやトピックスにアクセス出来るように
工夫しています。
ご興味のある資料は検索してみて下さい。

  • サブサハラ諸国の視点から見た、米国に対する関心は?
  • 【アフリカ誌2013年秋号掲載】
    ワシントン駐在の34のサブサハラ諸国大使は、AGOAの作業部会でリコメンデーションを作成し、AGOAの15年間の延長とそれに伴う追加要請を出しました。アフリカ諸国の関心がどこにあるのかを示していますが、米国との政策対話、AGOAの15年延長、民間のビジネス対話の増大、貿易と市場アクセスの増大、米国らかの投資の増大、EPA/FTA交渉の切り離しがあげられています。上記の米国側からの視点と併せて読むと面白と思います。
  • ■資料名:Recommendations for the re-authorization of the African Growth and Opportunity Act(AGOA)  英文12P
    ■提供先:Leadership Africa USA(Washington DC) ■掲載日:2013年7月31日
    ■検索先: こちらをクリック
  • ケープタウンで開かれた経済フォーラムを覗いて見よう!
  • 【アフリカ誌2013年秋号掲載】
    5月8日から10日の間、World Economic Forum on Africaがケープタウンで開催されました。会議では多くの報告、討論会が行われ、その結果は報告書“World Economic Forum on Africa: Delivering on Africa’s Promise”としてまとめられています。
  • ■資料名:“World Economic Forum on Africa: Delivering on Africa’s Promise” 英文36P
    ■提供先:World Economic Forum, Geneva, Swiss ■掲載日:2013年5月
    ■検索先: こちらをクリック
  • 世界の未耕作農地の半分はアフリカ大陸に!
  • 【アフリカ誌2013年秋号掲載】
    フランス開発庁と世銀が共同出版した報告書です。世界の未耕作農地のほぼ半分がアフリカにあり、その土地を巡って先進国、途上国が取り合いを行っています。アフリカ諸国が、この土地を有効に使えば、貧困の削減、雇用の増加、成長の加速が期待できるとの提言がもられています。
  • ■資料名:“Securing Africa’s Land for Shared Prosperity:A Program to Scale Up Reforms and Investments” 英文231P
    ■提供先:The World Bank ■掲載日:2013年
    ■検索先: こちらをクリック
  • アフリカ開発銀行の民間セクター支援
  • 【アフリカ誌2013年秋号掲載】
    アフリカ開発銀行がまとめた、2013〜2017間の民間部門支援のプログラムです。ビジョン、優先分野、支援の戦略、プログラムのリスクについて議論が展開されています。猶、この報告書に付随して、関連した多数の民間部門支援についての文書が公開されています。
  • ■資料名:“Supporting the Transformation of the Private Sector in Africa、Private Sector Development Strategy, 2013-2017” 英文44P
    ■提供先:African Development Bank Group ■掲載日:2013年
    ■検索先: こちらをクリック
  • アフリカの農業とアグリビジネスについて
  • 【アフリカ誌2013年夏号掲載】
    農業とアグリビジネスは、2030年までに1兆ドル規模の食糧市場を生み出す潜在力があると分析しています。ただし条件として、更なる資本、電力、先進的技術、灌漑農地へのアクセス拡大、価値の高い食糧の生産、各国政府によるアグロビジネスとの連携強化、同地域で急増する都市人口に対する食糧供給などが揃う事が前提です
  • ■資料名:Growing africa,Unlocking the Potential of Agribusiness 英文164P(本文)
    ■提供先:The World Bank ■掲載日:2013年3月4日
    ■検索先: こちらをクリック
  • 米国のサブサハラ・アフリカ貿易強化にむけた提言
  • 【アフリカ誌2013年夏号掲載】
    米国上院外交委員会のサブサハラ・アフリカ部会は2013年3月17日に「アフリカの可能性の取込み:米国とサブサハラ・アフリカの貿易関係の強化に向けた提言」を発表しました。米国の技術的優位性、及び、民間企業の経験からエネルギー分野、インフラ等への進出の可能性に言及しており、アフリカの成長をどのような分野に見出しているのかを知りえる資料です。
  • ■資料名:EMBRACING AFRICA’S ECONOMIC POTENTIAL 英文18P
    ■提供先:U.S.SENATOR CHRIS COONS ■掲載日:2013年3月17日
    ■検索先:EMBRACING AFRICA’S ECONOMIC POTENTIAL