フォーラム

第9回大使を囲む懇談会開催

  • 米谷光司・駐ジブチ大使を囲む懇談会
  • 1月16日午後、国際文化会館会議室において米谷光司駐ジブチ大使を迎え、同国の近況について伺う会を開催しました(会員企業等から出席者計12名)。冒頭米谷大使より「アフリカの角」に位置する同国の地政学上の重要性とそれに着目した19世紀半ばからの仏による支配、人口、民族、公用語と独立後の歩み、日本との2国間関係などについて概観を説明した上で、「ジブチ共和国に注目すべき10の理由」として、安定した政情・治安、良港の存在、バランス外交、経済的ハブとしての潜在性と地域統合への志向、地域和平の進展による大きな潜在性、進捗するインフラ整備、投資環境改善(世銀「Doing Business」順位も大きく上昇した)、教育・人材育成への努力がなされていること、起業家育成への努力などの点及び、現地事情、法制度などについて説明があり、次いで出席者から、アフリカとの関係づくりに意欲を有する若い世代との意見交換をしているが、ジブチの小ささは一つのメリットと思うところ、より詳しい現地情報をどこで得られるか、国内産業の種類が少ないことから、ローカルな人材が職業教育を受けても、なかなか実際の就職につながらないのではないか、地熱発電などは将来性があると思うが、データが少ない、農業が未発達と感じるが将来の方向性はいかなるものか、ABEイニシアティブによる研修員は来ているか、エチオピアの動きには不透明なところがあると思うが、ジブチは「エ」をどう見ているのか、ICT産業を同国で進める場合、現地人材の養成・採用が不可欠だが、概観はどのようなものか、国の発展のヴィジョンと戦略を知りたい、などの点について質問が出されました。(担当委員:鈴木優梨子)

主催イベント

  • 各国・地域情報バナー
  • 検索バナー
  • 外務省人事バナー
  • 在外公館一覧バナー