フォーラム

第4回大使を囲む懇談会開催

  • 池田・駐モザンビーク共和国大使を囲む懇談会
  • 5月23日午後、国際文化会館会議室において池田敏雄駐モザンビーク大使を迎え、同国の近況について伺う会を開催しました(会員企業等から出席者計22名)。
    池田大使より、同国の概観、政体、政府とレナモ間の対立、両者の和平合意に向けた最近の動き、資源と経済情勢、非開示債務問題をめぐる動き、日本との外交関係と経済関係、貿易投資関係、日系企業の活動状況、天然ガスと石炭開発、JICAプロジェクト、ナカラ回廊開発計画等について説明があり、ついで出席者より旧宗主国のポルトガルとの最近の関係、同じポルトガル語国であるアンゴラとの協力関係が存在するか否か、非開示債務問題判明以後の国家財政、中国が実施している開発援助の内容、ナカラ回廊開発プログラムの中のProSAVANAプロジェクト(日伯モザンビーク三角協力による熱帯サバンナの開発プロジェクト)が当初の計画通りの進展はしていないと聞くがその後動いているのか、レナモの現勢力はどのくらいの人数か、自社は過去において建設プロジェクトを実施し、既に終了しているが、その折のVAT免税分の払い戻しが遅れており困っているがどうしたらよいか(今後は一旦払ってから還付されるのではなく、最初にVAT分を免税扱いするように変更される由)、などの質問が出されました。
    (担当委員:鈴木優梨子)

主催イベント

  • 各国・地域情報バナー
  • 検索バナー
  • 外務省人事バナー
  • 在外公館一覧バナー