フォーラム

第2回大使を囲む懇談会開催

  • 小笠原一郎・駐マダガスカル大使を囲む懇談会
  • 4月25日午後、国際文化会館において小笠原一郎・駐マダガスカル大使を囲む懇談会を開催しました(会員企業等より計18名出席)。小笠原大使より基本情報、財政、インフラ、教育等の国内の諸問題、経済状況(ポテンシャルと資源,IMFの拡大融資ファシリティ開始等)、内政状況、戦略的な要衝の地に位置すること、日本との関係(ニッケル開発、円借款によるトアマシナ港拡張計画他)について説明するとともに、資源大国マダガスカルの潜在性に着目する日本企業が益々増えており、日本大使館としても、これら日本企業を積極的に支援していきたい旨の発言がありました。
    次いで出席者から、中国の進出状況、産業の多角化をどう進めているか、外国資本・企業等がからむ場合の紛争処理の法的整備度、仏との関係(領土問題あり)、IMFの拡大融資ファシリティはプロジェクト支援か財政支援か、日本が進出する際、インド企業または現地のインド人と組む可能性の有無、兼轄国コモロの概況、マダガスカルとコモロへの青年海外協力隊派遣の有無などについての質問がありました。
    (担当委員:鈴木優梨子)

主催イベント

  • 各国・地域情報バナー
  • 検索バナー
  • 外務省人事バナー
  • 在外公館一覧バナー